歯髄細胞バンク

捨てないで!!抜いた乳歯と親知らずに隠された力

今まで抜いた後に何気なく捨てていた乳歯や親知らず。
実は乳歯や親知らずのような抜いた後の歯には、歯髄細胞というまだ活用できるモノが残っています。この歯髄細胞の中には「細胞のタネ」とも呼ばれる、幹細胞が含まれており、将来の再生医療に利用することができます。
幹細胞は加齢と共に減少していきますが、若い頃の乳歯や親知らずであれば良質な幹細胞を採取することができるので、今抜いた乳歯や親知らずが必要とされているのです。

詳しくはこちら

再生医療に活用される歯髄(しずい)細胞!!

ヤモリやトカゲは尻尾や手足を切られてもまた生えてきます。このように失われた組織や機能を回復させる医療を『再生医療』といいます。公的バンクで知られる骨髄や臍帯血などの採取には、身体への大きな負担が生じたり出産時にしか採取できないなどといったことから、歯髄細胞バンク®は歯科治療などで抜いた「親知らず」や自然に抜け落ちる「乳歯」に含まれる歯の神経(歯髄細胞)に着目し、「歯髄細胞」が再生医療に役に立つ理想的な細胞ソースであることを明らかにしました。
当院は、この再生医療へ取り組みを行っております。

詳しくはこちら

つくば市研究学園駅の歯科医院 つくばホワイト歯科

診療予約・お問い合わせ ご相談・資料請求はこちら!

オンライン予約・お問い合わせ

ページトップへ