小児歯科・小児矯正


小児歯科

小児歯科について

小児歯科について

小児歯科では、歯が生える0歳から、永久歯が生え揃う15歳くらいまでのお子さんを対象として、歯と口の病気の予防と治療を行っています。
お子さんの場合は、大人と違い、体も、お口も常に成長しているという状況にあります。私たちは、健全な永久歯列の育成を目標にして、お子さんの成長発育に応じた治療を行っています。

0歳からの予防歯科

0歳からの予防歯科

0歳から歯医者に通う事を推奨している歯医者さんは多くありますが、なぜ早くから検診を行う事が必要なのでしょうか。それには以下のような理由があります。

・乳歯が早い段階で虫歯になると、歯肉に隠れている次に生えてくる永久歯に悪い影響が出てしまう。
・早くに乳歯を失うと、その空いた隙間に他の歯が傾いたりして、将来的に歯並びに影響が出てしまう。

0歳から歯医者に通うことによって得られるメリット

  • 子供の正しい歯みがきの方法がわかる。
  • フッ素塗布の必要性や、適切なデンタルケア用品をなどについてのアドバイスをもらえる。
  • 様々な赤ちゃんの、歯に対する疑問に答えてくれます。
  • 早期から歯並びを把握して、小児矯正等を行えば、綺麗な歯並びを保つことができます。

 ※当院では、ディスポ(使い捨て)歯ブラシを使用しております。

いつ頃から通うのか

いつ頃から通うのがいいのでしょうか

一般的に小児歯科で初めて検診を行う時期は、初めての乳歯が生え始めてから6ヵ月以内、一歳の誕生日までに検診を受ける事を推奨しています。

妊婦歯科検診は積極的に受けましょう

妊婦歯科

近年母親の口腔内の健康が、生まれてくるお子様の健康に深く関わっている事がわかっており、妊婦の歯科検診は必須で、妊娠されたら自身の歯と口の健康についても、気をつけることが大切です。

小児矯正 ※医療費控除 対象

小児矯正は、6歳から中学年までの一期治療と、中学生から成人までの二期治療に分かれています。一期治療では、顎の骨格の矯正が中心となり、二期治療では歯列矯正が中心となってきます。

お子様の健康のために、お母さんに知っておいて欲しいこと

小児歯科について

最近のお子様に歯並びが悪かったり、良くない噛み合わせになってしまっているお子様が増えています。

その原因としては、柔らかい食べ物を食べる習慣が多くなっていることや、昔に比べて栄養価の高い食べ物が多くなることで、歯のサイズそのものが大きくなっていることが上げられます。

柔らかい食べ物を食べていると、食事の際に噛む回数が減ってしまい、アゴがうまく発育できなくなり、結果的に大切な永久歯が生えてくるスペースが成長過程で準備できないことで出っ歯になったり、受け口(しゃくれ)になったり、ガタガタ歯列になる傾向があります。

もしお子様がチェック項目に当てはまる項目があった場合は是非ご相談下さい。

お母さんにチェックして欲しい項目

  • 風邪をひきやすい?
  • いびきをかく?
  • 姿勢が悪い?
  • 喘息を持っている?
  • 中耳炎になりやすい?
  • 耳鼻科によく通っている?
  • 鼻のアレルギーがある?
  • 口がぽかんといつもあいている?
  • 寝相が悪い?
  • 扁桃腺が腫れている?

※1つでもチェックが入ったら、アゴの成長不足が原因かもしれません。

顎顔面矯正治療

顎顔面矯正治療

当院では、歯並びが気になる、噛み合わせの悪さを感じるお子様に顎顔面矯正治療をご案内しています。顎顔面矯正治療は、顎の発達が妨げられているお子様の顎の骨全体を広げて正常な発育を促す矯正法です。

治療は6歳から中学年までの間(乳歯・永久歯の混合歯列期)に行うことをお勧めしています。顎骨の成長しようとする力を利用し、成長をコントロールしながら顎の骨格を広げていきます。

顎顔面矯正は、歯を抜かずに矯正治療を行います。また、一般的な矯正とは異なりベースとなる顎骨を広げて歯並びを整えますので、後戻りする心配はほとんどありません。

噛み合わせが良好になることで、歯ぎしり・食いしばり、顎関節の痛みなどの改善が期待できる他、急速拡大装置を使って上顎を広げることで鼻腔を広げ、口呼吸になりがちな子供に鼻呼吸を促すことができます。その結果、鼻づまり、いびき、喘息などの症状改善が期待できます。

つくば市研究学園駅の歯科医院 つくばホワイト歯科

診療予約・お問い合わせ ご相談・資料請求はこちら!

オンライン予約・お問い合わせ

ページトップへ