歯周病治療

歯周病はどんな病気?

歯周病は歯の周りの様々な組織(歯肉(歯茎)、歯根膜、セメント質、歯槽骨)が細菌によって感染して破壊される病気です。歯周病は歯茎から血が出ていても痛みがなく、症状に気が付きにくいという特徴があります。歯槽骨が溶けて、歯がぐらぐらして痛みが出てくる頃に初めて症状に気が付きます。
歯周病は、症状が悪化したままにしておくと、歯が抜けてしまう歯茎の病気です。

歯周病の分類

歯周病は大きく分けて2つに分類することができます。歯周病の初期段階を歯肉炎と呼び、さらに悪化すると歯周病になります。歯周病は放っておけば当然進行しますが、適切に対処すれば治る病気です。

  • 健康な状態

    健康な状態

    健康な歯茎はぴったりと引き締まっており、歯と密着していて、綺麗なピンク色です。

  • 歯肉炎

    歯肉炎

    歯周病の初期段階を歯肉炎と言います。歯茎が赤く腫れたり、歯磨きの際に血が出ます。

  • 重度歯周病

    重度歯周病

    歯周炎となると歯茎がぶよぶよしたり、歯がぐらぐらして移動したりします。

歯周病の主な原因

歯周病の主な原因はプラークです。プラーク(歯垢)とは食事の糖を餌として、歯の表面にねばねばした物を作り出す、細菌の塊です。歯茎や歯に付着したプラーク(歯垢)をそのままにしておくと歯周病になりやすくなります。

歯周病予防

歯周病予防とは歯周病にならないように、口腔内を清潔に保つことを言い、プラークコントロールとも呼びます。スケーラーという器具を使用して、歯の表面や歯と歯茎の隙間にあるプラークを取り除きます。

歯周病治療

プラーク(歯垢)はそのままにしておくと歯石になります。歯石とは歯垢が口の中のカルシウムなどと結合して出来る硬いもので、2~3日で石灰化し始めます。歯石になってしまうと自分で除去することはできません。歯石になってしまったプラークは超音波スケーラーという器具を使用して除去します。

日本歯周病学会認定歯科衛生士

日本歯周病学会認定歯科衛生士

日本歯周病学会が行っている認定歯科衛生士試験に合格した者のみ、日本歯周病学会認定歯科衛生士を名乗ることができ、更に取得後も厳しい審査があります。

日本歯周病学会認定歯科衛生士がいることのメリット

日本歯周病学会認定歯科衛生士がいることによって、歯石の除去、歯面クリーニングだけではなく、「的確な診断」と「確実な治療」が可能です。

お口の中は千差万別、患者さんに合った質の高いメンテナンスを行い、お口の中の健康をサポートすることはもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションや信頼関係を大切に、歯周病の予防・治療に全力を尽くしています。

つくば市研究学園駅の歯科医院 つくばホワイト歯科

診療予約・お問い合わせ ご相談・資料請求はこちら!

オンライン予約・お問い合わせ

ページトップへ