根管治療

根管治療とは

歯の根の管(かん)を根管と言います。根管の中には神経が通っており、むし歯が神経まで達して痛みが増した時に、神経を取り除く必要があり、神経を取り除いた後、薬で根管内を消毒してから蓋をする治療を根管治療と言います。

当院は根管治療の専門医がいます

根管治療は目で確認できない歯の根管(根の部分)を治療する非常に難しい分野の治療です。当医院長の今井は、当院を開院するまで根管治療の専門医として都内4件の歯科医院で治療を行っていた経験がございます。

また、当院の根管治療はより精度を高めるため、ラバーダムとマイクロスコープをしています。
これらを使用することにより、従来手探りで行われていた根管治療が目で見ながら確認できる為、確実な治療を行う事ができます。

マイクロスコープとは

マイクロスコープとは

歯科用のマイクロスコープは肉眼の20倍まで拡大し、今まで見えていなかった歯の根の治療を、より確実なものにしました。しかしこの歯科用のマイクロスコープの普及率はまだ5%にしかすぎず、当院では患者さんにより良い治療環境で治療を受けて頂きたい想いから、このマイクロスコープを導入しています。

根管治療の様子を動画で公開

マイクロスコープを使った根管治療
右下6の再根管治療です。

マイクロスコープを使った根管治療 穴あけ編
数年前右上6にセラミッククラウンを入れたが、痛くなってしまったとのこと。
引っ越しているため、前医に通院不可能とのことで来院。
かぶせ物をはずさずに、小さく穴を開け­て根管治療を行いました。

根管治療の流れ

  • ①根管の計測
    ①根管の計測

    神経を取り除き、その後根管までの正確な距離を計測します。

  • ②根管内の掃除
    ②根管内の掃除

    根管内の汚れや、むし歯菌に浸食された象牙質を完全に除去します。

  • ③消毒作業
    ③消毒作業

    汚れを完全に取り除いた後、むし歯菌が残らないように消毒作業を行います。

  • ④密封作業
    ④密封作業

    きちんと消毒作業を行った後は薬剤を根の先端まで隙間なく入れて蓋をします。

  • ⑤コアを入れる
    ⑤コアを入れる

    クラウンの土台となるコアを入れます。

  • ⑥冠被せて終了
    ⑥冠被せて終了

    クラウンと言われる(冠)をコアに被せて治療終了です。

根管治療のセカンドオピニオンとして

セカンドオピニオンとは、かかりつけの医師以外の意見をセカンドオピニオンとい言います

当院には、他院で根管治療を勧められたり、抜歯を勧められた患者さんがセカンドオピニオンとして受診されることも多くあります。
それは、専門医である院長の技術力はもちろんですが、マイクロスクープを使った治療を行うため、治療後の説明も分かりやすいことや、通常の治療では抜歯するケースも、当院なら抜歯しないで済むことがセカンドオピニオンとして選ばれている理由です。
歯が痛くて悩んでいる方、他院で根管治療を勧められたり、抜歯を勧められて悩んでいる方は、当院へご相談して頂ければ、症状や患者さんのご要望に合わせて治療をご提案させて頂きます。

こんなことでお困りではないですか?

  • 歯を抜きましょうと言われた
  • 根っこの治療をしているが、何回通っても終わらない
  • いつも同じところが痛んだり腫れたりする

治療を伴わないセカンドオピニオンについては保険外診療となります。※全て税別
相談料30分10,000円
診断料20,000円 (相談料 10,000円込み)
前歯部40,000円
小臼歯部50,000円
大臼歯部70,000円
滅菌・消毒代3,000円 ※毎回

セカンドオピニオンを求められた実際の症例

マイクロスクープ

1.歯ぐきが腫れたため、かかりつけの歯科医院を受診したが、抜歯と診断された。
レントゲン写真で、土台のスクリューピンが本来とは違う方向に貫通してしまっている。

マイクロスクープ

2.マイクロスクープで観察したところ、貫通部分を確認。
抜歯しなくても治療可能であることが分かった。

つくば市研究学園駅の歯科医院 つくばホワイト歯科

診療予約・お問い合わせ ご相談・資料請求はこちら!

オンライン予約・お問い合わせ

ページトップへ